これからは中古マンションが不動産市場を牽引する時代に!

少子高齢化を迎えた日本では、今後、新築住宅の供給は抑制されていくだろう。しかも、東日本大震災や東京オリンピックの影響もあって、すでに建築資材や人件費は高騰しており、 2015年以降の新築住宅はかなり割高になるはずだ。そこで注目したいのが中古住宅だ。国土支通省で はダブついている中古住宅市場を活 性化させるために、さまざまな方針 を打ち出しており、これからの不動産 市場は中古が主役になるのは間違いない 。そもそも中古は仲介(個人売買) であれば消費税が不要で、中古を選ぶだけで数百万円もお得になるし、

中古住宅は 「ストック」として 適正に評価される時代になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *