修繕積立基金

ほとんどの新築マンションでは、毎月支払う管理費と修繕積立金のほかに、入居時にま
とめて支払う「修繕積立基金」を必要としています。最近では「管理準備金」や「管理組合設立基金」といった、 従来なかったものも登場してきました。こちらは入居時一括で 1万12万円に設定されています。
なぜこうしたものが必要かというと、入居当初は管理組合に資金がないので、突発的な
事態に備える管理や修繕などの最低限の費用というのが建て前のようです。
実のところは、入居時にまとまった額を徴収しておくことで、毎月支払う管理費や修繕
積立金を引き下げる側面もあるのです。毎月の住宅関連支出は家計に大きく影響するので、
誰しもがシビアにチェックします。ここを引き下げておけば、新築マンションを買っても
らいやすいという狙いがあるわけです。最初のオーナーがたくさん支払ってくれるわけですから、中古マンションを買う場合は、その分、管理費と修繕積立金が引き下がっておトク、という考え方もできるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *