責任期間

売主が宅地建物取引業者か 個人かで責任期間は異なる
民法上は、買主が暇疫を知った日から1年以内であれば売主は責任を負うことになっている。 しかし、それでは事実上、永久に責任を負うことになる ため 、売主力、宅地建物取引業者の場合 は引き渡しから 2年以上という特約を付けている。個人の売主の場合は免責にもできるが、築浅の場合は3カ月程度責任期間を設けるのが一般的。ただし、築20年以上の古い物件は免責になっていることがほとんどである。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *