防音工事

防音工事で生活騒音をシャットアウトできます。
マンションのデメリットの一つに、生活騒音の問題があります。子どもが走り回る音、ドアを閉める音、テレビやオーディオが響く音など、隣や上下から聞こえてくる音も気になりますが、自分たちの生活騒音が周りに迷惑をかけているかもしれません。テレビの音量を小さくしたり、床に振動を与えないように歩いたりと、気をつけなければならず、ストレスのもとです。通常、床の防音はしているが、壁の防音はしていないというマンションがほとんどで、どのくらいの生活騒音がするのかは、住んでみないとわかりません。
新築マンションでは、実際にどの程度の音がするのかを確かめられないのが難点です。たとえば、「床に防音材を入れています」と工事担当者が説明したところで、その効果がどのくらいなのか、まったくわかりません。建物が完成する直前に、契約者に部屋を内覧させてくれる場合もありますが、そのときに騒音がすることがわかってもあとの祭り。契約を取りやめたいと思っても、違約金を支払わなければならない場合もあるのです。建物も建っておらず、部屋を確かめてもいないのに購入するなんて、本当は怖いことなのです。
その点、中古マンションであれば、入居前に部屋に入り、どの程度の音がするのかなどをしっかり確認できます。リフォームのときに、壁や床に防音材や吸音材を入れることもできます。その人の生活スタイルに合わせて、必要な場所に必要なレベルの防音材や吸音材を入れればいいのです。自分で選ぶので、防音の場所、防音の等級などもはっきりわかりますし、ストレスを感じずに安心して生活ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *