コーキング

小まめに修繕することで 結果的に出費が減る 中には「買ったままの状態で 十分」という人もいるだろう。 しかし、長くその家に住むので あれば、メンテナンス目的のリフォームは必須。たとえば、築数年と聞くとまだまだ築浅のきれいな建物という印象があるが、外壁のコーキングは何年も経てばひび割れすることもある。コーキングにひびが入ると、そこから雨の水などが入り込むため、柱や梁など木部の劣 化が早まる危険があるのだ。 お金も時間もかかるリフォー ム。面倒で後まわしにしたい気 持ちもあるが、劣化を放置して おくと、あとで修繕する際、余 計にお金がかかってしまう。リフォームは、築年数に応じて実行する必要があるということも見えておこう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *